私の町の消費者金融屋さん

キャッシング審査は何を見る?

キャッシング審査では何を見ているのか?

キャッシング審査では何を見ているのか?.......。やはり、キャッシングを利用する上では、一番気になるところではないでしょうか?!

 

まず、重要視されるのが信用情報になります。過去にローンやクレジットなどで、返済のトラブルがあったかどうかということです。

 

さらに、過去に任意整理の手続や民事再生手続、そして、自己破産の手続を行ったことがあるかどうかも確認されることになります。

 

これらの情報があると消費者金融会社の判断にもよりますが、5年〜10年は審査をパスすることは難しくなります。次に、現在の収入から今後の返済の可能性が審査されることになります。

 

まずはじめに、勤務している事業の継続性が判断されます。例えば公務員は、勤務先が倒産する心配はないといっていいので、事業の継続性という意味ではトップランクの評価になります。

 

その反面、中小零細企業はいつ破綻するか解りません。また、勤務先が安泰でも、申込者がずっとそこに勤務できなければ無意味です。その意味で勤務先での地位や役職も重要になってきます。

 

更に、勤務先や雇用状況に問題がなくても、家庭環境や住居の状況に問題があると継続して返済を続けることはできません。それらの確認を取るために、自宅の調査や在籍確認が行われる訳です。

 

審査項目の中で何を重要視するかは、業者によっても変わってきますが、いずれも、キャッシング申込み者が継続して返済を続けられるどうかの見極めのために行われているということです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ