私の町の消費者金融屋さん

学生のキャッシング審査

学生のキャッシング審査について

学生に対してキャッシングサービスを行っている消費者金融会社には、重要としている審査のポイントがいくつかあります。

 

まず1つ目のポイントは20歳以上で定期的なアルバイト収入があることです。しかし、学生はあくまでも学業が本分です。

 

それこそ、定職を持っている人はごくわずかといえます。そのため、学生アルバイトの中身を吟味する必要があるわけです。

 

つまり、学生アルバイトの収入額が毎月一定ではなくても、継続的に入る可能性のある収入なのかどうかということです。これについては、学生キャッシングを行っているほとんどの業者にいえることです。

 

例えば、短期で単発のアルバイトによる20万円の収入と、月額の収入は5万円〜10万円の間で変動はするものの、継続して勤務しているアルバイト収入とでは審査の印象が全く違います。

 

要は、消費者金融会社のキャッシング審査では、学生のアルバイト収入よりも勤務先の継続性を見たいのです。次に2つ目の審査のポイントですが、学生が在学する大学の偏差値ランクになります。

 

もちろん、申し込みをした学生が在学する大学の偏差値ランクで審査基準が変わるわけではありませんが、審査の評価が同じランクの場合は偏差値の高い大学の学生が優先されるようです。

 

何故なら、学生は卒業後、必ず就職します。偏差値の高い大学の学生は官公庁や大企業に就職する確率が高くなります。つまり、在学中から将来の優良顧客を囲い込むことができるわけです。

 

そして、3つ目のポイントは親の資産と職業です。返済できない場合の援助に関係してくるのですが、学生の貸倒比率はそれ程高くありません。学生というのはまじめに返済する場合が多いようです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ