私の町の消費者金融屋さん

パート・アルバイトの審査

パート・アルバイトのキャッシング審査について

現在、パート勤めの主婦やアルバイトをしているフリーターのキャッシングに、二の足を踏む消費者金融会社が増えているようです。

 

基本的に、パート・アルバイトのキャッシング審査に対する考え方は2つに大別されます。ひとつ目の考え方は、初回取引に関してです。

 

最初は小口融資を実行し、キャッシングを利用していく中で返済状況に問題が無ければ融資する上限額を増額するというものです。

 

言わば段階的な融資になるわけですが、この考え方は主にネット銀行が取り入れています。ネット銀行の場合、定期的な収入のあるパートやアルバイトも申込み対象者となっています。

 

キャッシング審査を行い特に問題が無い人に限り、初回取引では小口に限定して融資を行っています。但し、ネット銀行の初回の融資金額は10万円程度に限定されています。

 

そして、半年から1年程度の返済状況に問題が無ければ、その後、キャッシング枠の増額に応じるというものです。これは、パート・アルバイトに限らず、多くの新規顧客にも採用しています。

 

そして、2つ目の考え方は、パート・アルバイトなどの職業に関わらずオーソドックスに審査をするということです。これについては、大手消費者金融会社のキャッシング審査を見れば分かります。

 

大手消費者金融では審査に問題が無かった場合、申込者の前年の収入に基づいて融資上限額を決めています。例えば、申し込み者の前年の年収が100万円だった場合.......。

 

融資の上限額は30万円程度になります。つまり、パート・アルバイトがキャッシングの申し込みをしてきたら門前払いすることはありませんが、総量規制は厳格に守るという姿勢なのです。

 

逆に言えば、パートやアルバイトに対しても、特別な配慮は一切行っていないということになります。業者の姿勢の微妙な違いは、ホームページをよく読むと理解できるのではないでしょうか!?

 


ホーム RSS購読 サイトマップ